企画営業の仕事に夜勤はある?

広告業界から生まれた企画営業の仕事は若い世代を中心に比較的高い人気を集めるようになっています。
商品を売るだけではなく、その商品に関連する活用方法や活用される市場分析など幅広い内容を取り扱うその働き方は、まさにその業界におけるスペシャリストであると言えますから憧れを持つ人も多いです。
しかし時折ここで疑問とされるのが「夜勤があるかどうか」ということです。
現代では客先の状況にあわせて夜勤業務を行うような会社も増えてきていますから、企画営業を志す人のなかには夜勤があるのかどうかを気にする人も多いわけです。
ただ実際のところ、企画営業という仕事において夜勤はそこまで多くないとして考えて良いでしょう。
特に客先が夜には店を閉めたり事業所を閉めたりするようなところが多いのであれば、わざわざ給料が高くなる夜に社員を働かせる意味がありませんから夜勤を任せることはありません。
そのため企画営業として求人を出している会社や業界の特徴をみれば、ある程度は自分でも判断ができると言えるでしょう。
ただ絶対にないのかと言われるとそうでもなく、特に中小企業と呼ばれるような会社の場合は仕事のなかで夜勤のような業務が任される場合があります。
例えば厨房機器販売の会社で客先が夜にも営業している飲食店が多いなどの場合、そこの営業中に管理職と会わなくてはならないなどのことになると夜勤とまではいかなくとも夜9時などに営業活動をする可能性があります。
特に企画営業の場合は商品だけではなくそれにまつわるさまざまなところも見なくてはなりませんから、こうした業務が求められることは通常の営業マンより多くなります。
とは言えこうしたケースは全体からみればさほど多くはありませんから、一般的な「夜勤業務」はあまり無い職種と見て良いでしょう。