私服でOKな仕事でも冠婚葬祭の為に礼服は用意しよう

仕事によっては服装が自由で、私服でも問題がないということもないわけではありません。
自営業などをしていれば、どのような服を着るのか自らの判断で決めることができるのでスーツなどが必要ないと考えれば、スーツを用意する必要もありません。
しかし、だからといって私服だけで問題がないかというとそのようなことはなく、冠婚葬祭がある以上は最低限の礼服を用意しておくのが重要となります

冠婚葬祭ばかりは私服で参加をするというわけにも行きませんから、仕事で必要がなくてもそのような場で必要となる服を用意しておくのはマナーとなります。
冠婚葬祭だけでなく普段は私服で問題がなくても、礼服が必要になるということは仕事をしていれば十分に考えられることですから、そのための服を用意しておくことは重要な事になります。

服装が自由な仕事というのはある意味センスを問われるものであり、人によっては制服やドレスコードが決まっていたほうがやりやすいということも少なくありません。
サラリーマンの場合にはどこに行くにしてもスーツを着ていれば良いので服装のことを気にする必要はありませんが、スーツを着ない仕事をしている人は私服とそうでない時の使い分けというのをしなければいけませんから、スーツを着て働くサラリーマンとは違った悩みもあるということになります。

私服でできる仕事に憧れる人も多いことでしょうが、好きな服を選ぶことができるというのはメリットも有る一方でデメリットも有るということを理解しておく必要があります。
また、逆に常にスーツを着させられるのは息苦しいと思う人もいるかも知れませんが、スーツにはスーツのメリットが有るということも覚えておきましょう。